NO2

 
 毎度、お世話様です。吉徳農機の「まなぶ」こと、「高橋まなぶ」でございます。
今年も、すでに稲作がスタートしています。新潟の方は、昨年、意識的に田植えを遅らせたところが多かった様ですが、皆様のところは如何ですか?今年は、是非豊作を期待したいものですね。
 毎日、春作業でお忙しい日々と思います。種まきはもう終わりましたか?
ところで、育苗ハウスに何枚も苗箱をならべるのは、本当に重量労働ですよね!御苦労様です。そこでこの時期、箱ならべ、苗出し、に大活躍の「ローラーコンベア:コロコロ」、そして驚異の「苗送りコンベアNK−22」をご紹介します。




 重い苗箱を手で持って、何回もハウスの中を往復するのは、本当に大変ですよね!
まずは、ご覧下さい。1本2mですから10本もつなげば、ハウスの奥までローラーで運べます。このローラー直径が60mmとジンボサイズですから、すごく軽く動くんです。
 手で押してもいいんですけど、機械が苗箱を押し出してくれたらいいと思いませんか?
そうなんです!コロコロの間に「苗送りコンベアNK−22」を連結しますと、自動的に苗箱を送り出すができます。播種機、コロコロ、送りコンベア、コロコロ・・・と連結すればごらんの通り、箱ならべがラクラクです!




 出来上がった苗を出すときも大活躍するんです!
コロコロ+苗送りコンベア・・・なかなかのスグレモノでしょう!

こうした使い方の他に、トラクから田植え機に苗を移す時や、田んぼの中でコロコロを使う方もいらっしゃるんですよ。


 多くの皆さんがお使いです。是非よろしくおねがいします。
これは、売れまっせー!



トツプページへ